腰の痛み | 福岡市中央区の大名整骨院

平日夜21時迄受付
福岡天神駅からアクセス抜群
交通事故のむち打ちに特化

092-711-2920

腰の痛み







腰の痛みを根本的な原因からしっかりと改善したいとお考えの方は、福岡市中央区の大名整骨院にご相談ください。院長が、お一人おひとりに合った施術で改善へと導いていきます。

腰の痛みについて

何かしらの腰の痛みを抱えている方はおよそ10人に1人の割合、65歳以上ではおよそ5人に一人が日常的に痛みや不快感に悩まされているといわれています。多くの方が経験する腰の痛みは「国民病」といっても過言ではありませんが、その痛み方や頻度については一人ひとりに違い、筋肉痛程度の腰の痛みもあれば動くこともできない激痛に襲われる場合、中には大きな病気が隠れているケースもあるため、腰に痛みや違和感が続いているのなら我慢することなく早目の受診を心がけることが大切です。

慢性的に続く腰の痛みは「腰痛症」といった診断がされることが多いですが、痛みの原因がどこにあるのか分かれば、具体的な病名で診断されてそれぞれに合った治療で改善をめざしていくことになります。腰の痛みだけでなく他の部位にシビレや麻痺などの症状も出ている場合には、整形外科以外にも専門の医療機関や治療院などへの通院が必要となる場合もあります。

福岡市中央区の大名整骨院では腰の痛みについてもご対応が可能で、それぞれの根本原因をしっかりと見極めて施術を進めております。なかなか改善しない慢性的な腰の痛みのお困りの方も、あきらめることなく大名整骨院までご相談ください。

腰の痛が起こる原因

腰の痛みの原因は症状の出方によって異なります。慢性的な腰の痛みについては、腰の筋肉が硬くなり毛細血管を圧迫することで血流が悪くなることが原因と考えられています。血流が悪くなると筋肉に十分な酸素が行き渡らなくなり、酸欠状態を解消するために身体が「ブラジキニン」という物質を分泌します。この「ブラジキニン」は酸素を吸収しやすくするための物質であると共に痛みの物質でもあるため、血流が悪くなり筋肉が酸欠状態になると「ブラジキニン」の働きによって脳が痛みを感じるというメカニズムになっています。

また、腰の痛みの原因は内臓の病気からきていることもあります。急性膵炎・急性胃炎・腎盂腎炎・尿路結石・大動脈解離・子宮内膜症など、放置してしまうと重症化することも多いため早期発見と早期治療が重要となります。帯状疱疹や化膿性脊椎炎、ガンの骨転移などが腰の痛みを引き起こしているケースもあるため、ただの腰痛と思い込まずにきちんと受診をしましょう。

福岡市中央区で腰の痛みの原因をしっかりと見極めてくれる治療院をお探しの方は、大名整骨院までご来院ください。

腰の痛みの治療について

腰の痛みは生活習慣の見直しをすることで予防することも可能です。

肥満が腰痛の原因となることもあるため、栄養バランスの取れた食生活を心がけることが大切です。また、ストレッチで筋肉の柔軟性を高め、ウォーキングやジョギング、トレーニングなどで筋力強化を図ることも腰痛予防に繋がりますので、無理のない範囲で適度な運動を心がけることも大切です。

福岡市中央区の大名整骨院では、日常生活で注意していただきたい点やストレッチ、トレーニングについてもアドバイスをいたします。お気軽にご相談ください。

施術の流れ

交通事故後の負傷の治療保険のアドバイスに自信があります。