肩の痛み | 福岡市中央区の大名整骨院

平日夜21時迄受付
福岡天神駅からアクセス抜群
交通事故のむち打ちに特化

092-711-2920

肩の痛み







肩の痛みがなかなか改善しないとお困りなら、根本原因をしっかりと見極めて改善へと導いていく、福岡市中央区の大名整骨院の施術をご検討ください。お一人おひとりに合った無理のない施術プランでしっかりとサポートいたします。

肩の痛みについて

肩の痛みは様々なタイプがありますが、その多くは肩周辺の筋肉や関節に炎症が起きているか、肩関節そのものの損傷によって起きています。

肩の痛みを代表する症状としては「四十肩・五十肩」がありますが、痛みの進行具合や回復経過などには個人差がみられ、場合によっては手術が必要となるケースもあります。「腱板断裂・腱板損傷」などの場合は腕を上げたり内側に回す動きが困難になり、肩が挙がらなくるため、日常生活に支障が出るケースも多くみられます。できるだけ早目の受診と治療開始が望ましいといえます。

福岡市中央区の大名整骨院では、肩の痛みの根本原因を突き止めて改善へと導いていきます。早期回復と再発防止を目的とした、お一人おひとりに合った施術プランをご提案しておりますので、なかなか改善しない肩の痛みも一度ご相談ください。

肩の痛みが起こる原因

肩の痛みが起こる原因は様々ですが、慢性的な痛みの多くは「変形性肩関節症」と診断されることが多く、加齢にともなう骨や軟骨の劣化、骨折・脱臼などの外傷、腱板断裂、上腕骨頭壊死、ホルモンの異常などが引き金になって起こると考えられています。骨や軟骨が変形することで強い痛みがあらわれるため、そのような症状がみられる場合にはエックス線検査をして原因を調べることになります。

また、骨格の歪みや関節のズレが関係して肩の痛みが起こるケースもあるため、検査をしても原因が特定できないという場合には、福岡市中央区の大名整骨院まで早目にご相談ください。

肩の痛みの治療について

肩の痛みの治療については、それぞれの原因に合わせて進めることになります。
変形性肩関節症の治療は「保存療法」を行なうことが多く、非ステロイド性抗炎症薬やステロイド薬などによる薬物療法、肩関節周辺の筋肉をほぐし動きやすくする運動療法が基本となります。

保存療法でも改善しない場合には手術療法を検討するケースもありますが、肩の痛みの根本原因をしっかり追究していくと、実は別のところに原因があるという可能性もありますので、手術をすすめられている場合でもあきらめることなく福岡市中央区の大名整骨院までご相談ください。

肩の痛みは予防できるの?

慢性的な肩の痛みは、日常生活での姿勢や動きを少し意識して正す、適度な運動を続ける、運動した後はしっかりとストレッチを行なうなどを心がけるだけでも、予防に繋げることも可能です。

もちろん肩の痛みの原因によっては早急な治療や手術が必要となるものもありますが、骨格の歪みや関節のズレ、加齢による筋肉や関節の劣化などについては、日常的なストレッチや筋力トレーニングでカバーすることも十分可能なのです。

福岡市中央区の大名整骨院では、お一人おひとりに無理のないストレッチやトレーニングについても分かりやすくアドバイスを行ないますので、日常的に無理のない範囲で続けて、肩の痛みの予防に繋げてください。

施術の流れ

交通事故後の負傷の治療保険のアドバイスに自信があります。